キャッシングで即日にお金を借りたい、けれどどこで借りれば良いのかわからない。

こんな悩みをお持ちの方は意外と多いのではないでしょうか?

確かに現在、多くのキャッシングは即日でお金を借りる事が可能です。

しかしどのキャッシング業者も必ずその日に融資してくれるとは限りません。

即日対応していないキャッシング業者も沢山ありますので、金融業者選びを間違えてしまうと大変です。

また営業時間にも注意しなければいけません。

というのも業者ごとに営業時間や営業日は異なるからです。

ここではカードローンで即日にお金を借りり具体的な方法を解説していきたいと思います。

何としてでも今日中にキャッシングしたいという方は是非とも参考にしてください。

カードローンで即日融資で一番確実性が高いのは大手消費者金融です。

実際に各大手消費者金融のホームページを確認していただければお分かりのように、どこも即日キャッシングを謳っています。

しかも速ければ申し込みからキャッシングまで1時間程度で可能な業者もあります。

大手消費者金融は銀行に比べると金利は高めですが、その分対応の速さで差別化を図っています。

いくら低金利でも即日融資のニーズに応えられなければ意味がありません。

ですから、多少金利は高くてもその日にお金を借りることが出来ればよいのであれば、大手消費者金融に申し込むことをお勧めします。

中小の消費者金融でも即日キャッシングに対応しているところはあります。

しかし中小の場合来店が必須条件となることが多いです。

店舗自体が少ないですから来店できる人はかなり限られてきますので条件的にかなり厳しいです。

また悪質なキャッシング業者も多いですから利便性と安全性を考えると大手以外を選ぶ理由が見つかりません。

申込みする際は時間に注意しましょう。

どの貸金業者も、申し込み締め切り時間を定めていますので、時間内に申込みすることが大切です。

申し込み締め切り時間はキャッシング業者ごとに異なりますので必ず確認しましょう。

またキャッシング方法によっても締め切り時間も違ってきます。

銀行振込の場合15時までに振込手続きできないと即日で借入が出来ません。

ですから申し込み締め切り時間も早めに設定されています。

大手消費者金融ですと14時までに全ての手続が完了していれば即日振込みが可能ですから、遅くとも午前中には申し込みを済ませておくと良いでしょう。

ローンカードでキャッシングする場合は、振り込みよりも多少時間に余裕があります。

大手消費者金融は自動契約機にてその場でカード発行となります。

自動契約機で手続きする場合の申し込み締め切り時間は大体17時~19時、キャッシング業者によってはもう少し遅くまで対応しているところもあります。

ただ時間ギリギリですと間に合わない可能性がありますので、いずれにしても申し込みは早めに済ませておくのが吉でしょう。

即日キャッシングは基本的に銀行口座への振り込みとなります。

自宅にいながら全ての手続を完了させることができるので非常に便利です。

しかし土日祝日に融資を受けるとなると、口座振り込みは使えません。

というのも土日祝時は銀行が休みとなりますので、例えその日に振込手続きしても反映されるのは休み明けとなってしまうからです。

土日祝日に即日キャッシングを希望する場合は自動契約機を使って手続きすれば問題ありません。

大手消費者金融の自動契約機は土日祝日も営業していますので当日借り入れ可能です。

大手消費者金融以外でもカードローンの即日融資に対応しているキャッシング業者はあります。

しかしキャッシングするための条件が厳しかったり、営業時間が短いなど色々と成約があり使い勝手が良くありません。

いますぐにお金を借りたいというのであれば、大手消費者金融を利用するのが一番確実性の高い方法かと思います。

では、キャッシングもカードローンは何が一体違うのでしょうか?

お金を借りる方法という意味ではキャッシングもカードローンも同じです。

どちらも同じ意味合いで使われることが多いですが、実は違いがあります。

金融業者によってはキャッシングなのにカードローンと表記していたりその逆も然りです。

そこで今回はキャッシングとカードローンの違いについて解説します。

うっかり間違えて申込みしてしまうと自分の目的に合った使い方ができない可能性もあります。

両者の違いをよく理解してキャッシングで借りるかカードローンで借りるかを決めてくださいね。

キャッシングの主な特徴は借り入れが一度きりということです。

例えば希望する融資金額が50万円だとして、審査の結果希望通り50万円の融資枠で通った場合、一度に全額口座に振り込まれます。

後はひたすら返済していくのみとなります。

返済途中でお金が必要となっても追加でお金を借りる、と言うことは出来ません。

どうしても追加で借りたい場合は、再度新規で申し込みをして審査を受け融資手続をしなければいけません。

使いみちがハッキリと決まっている場合に適した借入方法です。

逆に何の目的もなく利用してしまうと無駄に利息を払うだけで終わってしまいます。

使いで借り入れできない点は一見不便に思えるかもしれませんが、返済に集中できますので、毎月きちんと返済できていれば確実に完済させることが出来ます。

追加で借り入れ可能ですと必要もないのについつい借りてしまい借金癖がつきやすくなります。

特に意志の弱い方や自分で管理できないような方は、キャッシングでお金を借りる方が安全かもしれませんね。

キャッシングを取り扱っているのは主に中小サラ金や街金です。

名前も聞いやこともないような業者も多いので、初めてキャッシグする人は不安に思うことでしょう。

また審査が甘い業者も多く比較的簡単に借りれる為、審査に不安な方が利用するところでもあります。

中には貸金業の登録をせずに貸付業を行なっている違法業者も紛れていますので注意が必要です。

カードローンはキャッシングとは異なり繰り返し借り入れが可能なサービスです。

審査によって融資枠が設けられ、その範囲内であれば何度でもお金を引き出すことが出来ます。

例えば融資枠が100万円で設定され今月30万円の借り入れをしたとしても、残り70万円の枠が残っていますので、この範囲内で再度借り入れが可能ということになります。

仮に借り入れた30万円を全額返済すれば融資枠はまた100万円に戻り、この範囲内で借り入れが可能となります。

借り入れと返済を繰り返せば延々と利用できてしまうということになります。

キャッシングと異なるのは契約して融資枠が設定されても、借り入れをしない限りは返済義務が発生しない点です。

今お金が必要なわけではないけど、もしもの時のためにカードだけ作っておきたいと言う使い方も出来ます。

融資枠に余裕があれば必要な時にカード一枚で近くのATMからサッとお金を借りる事が出来非常に便利です。

非常に使い勝手の良いサービスですが、その分金利はやや高めなのがデメリットと言えます。

借入額が100万円未満の場合は上限金利18%適用ですから、利息負担も結構なものです。

初回契約で100万円を超えることはなく、大体は20万円前後で落ち着きます。

また融資枠に余裕があれば追加で借り入れ可能なため、中々完済できない可能性があるのもデメリットと言えるでしょう。

実際に何年も完済できずにカードローンを利用している方が沢山いらっしゃいます。

カードローンは主に銀行と大手消費者金融で取り扱いしています。

審査はキャッシングに比べやや厳し目、銀行ですと正社員でないと借りるのは難しいと言われるぐらい厳しくなります。